講談師が語る「ふくしま」 いわき出身の神田香織、「同郷の高校生に希望」

有料会員記事

[PR]

 社会派講談を聴かせる神田香織は、福島県いわき市の出身。10年前の東日本大震災福島第一原発事故を、活動の柱の一つにしている。

 「はだしのゲン」「チェルノブイリの祈り」と原爆や原発事故を講談で語ってきたが、故郷の被災は手を付けずにいた。

 震災から2年半後、東京五輪招致委員会の竹田恒和理事長が、「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら