クラシック、日常に広げる試み ピアニスト伊澤悠、ダンスや映像とコラボ

有料記事

[PR]

 内向きな世界に閉じがちなクラシックを、いろんなアートの交わる開かれたコミュニティーに投入し、新たな出会いの礎に――。ベルリン在住のピアニスト、伊澤悠がジャンル横断企画「ProjectNAKA」を立ちあげた。3月6、7の両日、東京・下北沢のアレイホールで第1回公演を開く。

 伊澤は東京芸大を経て、現…

この記事は有料記事です。残り367文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。