菊之助「自分は光秀タイプ?」 国立劇場3月公演向け役作り

有料記事

[PR]

 「明智光秀に非常に興味を持っていたんです」。国立劇場3月歌舞伎公演「時今也桔梗旗揚(ときはいまききょうのはたあげ)」の会見で、主役の武智光秀を勤める尾上菊之助は、モデルとなった武将への思いを語った。

 鶴屋南北は光秀を、小田春永(織田信長)に理不尽な目に遭わされ、謀反を決意する家臣と描いた。

 菊…

この記事は有料記事です。残り313文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!