日航、22年度も新卒採用縮小 パイロットなど200人限定

有料会員記事

[PR]

 日本航空は25日、2022年度入社の新卒採用を、一部をのぞいて見送ると発表した。専門性が高いパイロットなど200人程度にとどめる。国際線を中心に回復の見通しが立たないため、いまの雇用の維持に努める。

 日本航空は近年、新卒で2千人前後を採用していた。21年度は1700人を採用する予定だったが、新型…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら