米金利急上昇、市場警戒 金融引き締め観測、FRBは否定

有料会員記事

[PR]

 米国の長期金利が急上昇し、金融市場で警戒感が強まっている。上昇は景気改善を見込む市場のシグナルとも言えるが、米連邦準備制度理事会(FRB)が想定より早く金融引き締めに乗り出すとの観測を招いている。日米の株式市場は金融緩和によって支えられている面があり、今後の金利上昇ペース次第では株価下落につながる…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら