国と沖縄県、続く争い 対話促したが 係争委、15・16年審査時の元委員長

有料会員記事

[PR]

 国と沖縄県が5年以上、争いを続けている。米軍普天間飛行場宜野湾市)の名護市辺野古移設にかかわる行政手続きや法廷闘争だ。実は当初、国の委員会が話し合いを呼びかける異例の決定を出していた。「国と県、両方の姿勢を見て『これじゃまずい』と思った」。当時の委員長が、決定に至った経緯や狙いを明かした。

 …

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。