代筆発注書、返還を要求 リコール事務局幹部、問題認識か

有料記事

[PR]

 大村秀章愛知県知事へのリコール署名の偽造事件で、リコール運動事務局幹部が昨年10月、広告関連会社側にアルバイトによる代筆行為を依頼したとされる発注書について、今年に入って繰り返し返還を求めていたことが25日、同社関係者への取材でわかった。幹部が自らの依頼内容に問題があると認識していた可能性がある…

この記事は有料記事です。残り891文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント