愛着ある英国の風景、丹念に 「テート美術館所蔵 コンスタブル展」

有料会員記事

[PR]

 東京・丸の内の三菱一号館美術館で開催中の「テート美術館所蔵 コンスタブル展」は、イギリスを代表する風景画家ジョン・コンスタブル(1776~1837)の、日本における35年ぶりの大回顧展だ。本展のみどころや画業の評価などを、展覧会図録を監修した荒川裕子・法政大学教授が解説する。

 ■法政大教授(美…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら