尖閣上陸への対応「危害射撃も可能」 政府が見解

有料会員記事

[PR]

 中国海警局などの乗組員が沖縄・尖閣諸島に上陸しようとした場合の対応について、政府は25日の自民党会合で、正当防衛や緊急避難に当たらなくても、海上保安官らが相手に危害を与える可能性のある「危害射撃」を行うこともあり得るとの見解を示した。政府高官は「以前から確定している法解釈だ」としている。

 海上保…

この記事は有料会員記事です。残り378文字有料会員になると続きをお読みいただけます。