[PR]

 全日本柔道連盟(全柔連)の内部調査で幹部職員によるパワーハラスメント疑惑が表面化した問題で、執行部が当該職員の処分を検討せず、自主退職を受け入れたことに組織内外から疑問の声が上がっている。

 本来であれば、理事会は全柔連の最高執行機関。だが、ある理事は「年明けの理事会で、突然、幹部職員の退職が報告…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも