米、人権の重視を要請 バイデン氏、サウジ国王と協議

有料会員記事

[PR]

 バイデン米大統領は25日、サウジアラビアのサルマン国王と就任後初の電話協議をし、人権や法の支配を重視するよう求めた。米メディアによると、サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏殺害事件をめぐり、サウジのムハンマド皇太子が関与したとする米情報機関の報告書が近く公表される予定。バイデン氏はこれまでもサ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら