米、シリア武装組織を空爆 親イラン、22人死亡情報 バイデン政権で初

有料記事

[PR]

 米国防総省は25日、米軍がシリア東部にある親イラン武装組織の関連施設を空爆したと発表した。イラクの米軍駐留施設付近で2月中旬にあったロケット砲攻撃への対抗措置だとしている。バイデン政権下で、親イラン武装組織を標的とした軍事作戦は初めて。反体制派の在英NGO「シリア人権監視団」は、戦闘員ら少なくとも…

この記事は有料記事です。残り1161文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント