(社説余滴)五輪運営、トップの資質は 西山良太郎

有料記事

[PR]

 残り半年という五輪開催の正念場で、組織委員会のトップが女性蔑視の暴言でその座を降りた。異常な事態に改めて感じたのは、日本のスポーツ界のリーダー選びや育成の貧困さだ。

 森喜朗氏は7年前、76歳で会長に就いた。首相まで務めた経歴は珍しいが、海外でも近年の組織委会長は政治家の経験者や弁護士のケースが多…

この記事は有料記事です。残り761文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載社説余滴

この連載の一覧を見る