「創造的復興できた」7割 「まちの将来に不安」8割 岩手・宮城・福島、42首長アンケート

有料会員記事

[PR]

 東日本大震災で特に被害の大きかった岩手、宮城、福島の42市町村長にアンケートしたところ、7割がこの10年で「創造的復興」ができたと考えている一方で、8割が将来に不安を感じていることがわかった。不安の理由はハード・ソフトの両面にわたる。相反するような回答から、震災復興の難しさが浮かぶ。

 政府は20…

この記事は有料会員記事です。残り776文字有料会員になると続きをお読みいただけます。