走るなら痩せろ、でも食べたくて 女子長距離選手の摂食障害、今も続く課題

有料会員記事

[PR]

 過食と嘔吐(おうと)を繰り返すなどの摂食障害が、陸上競技の女子長距離選手に起こりやすいことは、少なくとも30年前から問題提起されてきた。だが、今も苦しむ選手がいる。何が問題なのか。どうすれば解決できるのか。(山口裕起、辻隆徳、編集委員・中小路徹

 ■強迫観念から過食・嘔吐繰り返し/“絞ろう”と…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら