大学1年の生活充実度、著しく低下 生協連合会調べ

有料会員記事

[PR]

 学生生活が充実していると感じる大学生が減っていることが、全国大学生活協同組合連合会による調査でわかった。新型コロナウイルス感染防止で登校や課外活動が制限されるなか、特に1年生が翻弄(ほんろう)されている状況が浮き彫りになった。

 連合会が今月、全国30大学の1万1028人の回答をまとめ、発表した…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら