山火事、延焼ほぼ収束 足利 305世帯避難勧告、当面維持

有料会員記事

[PR]

 栃木県足利市で21日から続く山火事は7日目の27日、火勢が弱まり、山中から上がる煙は減った。焼失面積も前日までの約106ヘクタールと変わらず、延焼はほぼ収まった。市は28日から消火に当たる人員を1・5倍に増やして、人海戦術で残り火を処理する方針だ。

 この日も自衛隊や自治体の防災ヘリ計15機が上空…

この記事は有料会員記事です。残り289文字有料会員になると続きをお読みいただけます。