(患者を生きる:4107)被災の地から 電気がない:下 「チーム」で乗り切った

有料会員記事

[PR]

 筋萎縮性側索硬化症(ALS)を患い、人工呼吸器をつけていた千葉淑子(しゅくこ)さんは、東日本大震災から2日が経った2011年3月13日、仙台市内の病院の手術室に避難した。大規模な停電が復旧せず、電源の確保ができなかったためだ。

 発災から5日後には自宅の電気は戻ったが、ガスと水道は使えなかった。チ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら