(天声人語)卒業生に捧ぐ

有料会員記事

[PR]

 鳴り物入りの入試改革のはずが政治の迷走で見送りに。今年の大学受験生は大変な思いをした。おまけにコロナにたたられたまま卒業へ。なぜ自分たちの学年だけこんな目に? 天を仰ぐ日もあっただろう▼〈教育は政治の言葉で曲げられる 帆のない船のような日本で〉。今年刊行された千葉聡(さとし)さん(52)の歌集『グ…

この記事は有料会員記事です。残り474文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!

連載天声人語

この連載の一覧を見る