国連大使「抵抗すると決心」 ミャンマー

有料会員記事

[PR]

 ミャンマーのチョーモートゥン国連大使が、国軍によるクーデターを非難した演説の影響が広がっている。国軍側は大使の解任を発表したが、国連には大使の解任が伝えられておらず、最終的に国連総会の採決に委ねられる可能性もある。チョーモートゥン氏は、ロイター通信の取材に「可能な限りの抵抗をすると決心した」と語っ…

この記事は有料会員記事です。残り195文字有料会員になると続きをお読みいただけます。