(特派員メモ パリ)ああ、情けは無用か

有料会員記事

[PR]

 2月中旬、出張でパリ郊外のシャルル・ドゴール空港を訪れた時のこと。チェックインを済ませると、寄ってきた男性から「日本行きの便に乗りたい。手を貸してほしい」と英語で話しかけられた。

 コロナ禍での日本行きだ。やむにやまれぬ事情があるのだろう。そう思って付き添うと、男性は自動発券機に向かった。フライト…

この記事は有料会員記事です。残り339文字有料会員になると続きをお読みいただけます。