(経済気象台)イノベーションを起こす時

有料会員記事

[PR]

 コロナ禍に伴う経済活動の停滞による二酸化炭素の排出量削減効果は、わずか数%だという。排出量を、植物が吸収可能な実質ゼロの水準に抑えるという目標にはほど遠い。

 地球温暖化という、もう一つの緊急事態に対応するには、コロナ後を見据えた経済活動の抜本的な見直しが必要だ。

 緊急事態と言えば、マイクロプラ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載経済気象台

この連載の一覧を見る