(ThinkGender)ジェンダー問題、文化人類学の視点から

有料会員記事

[PR]

 森喜朗元首相による「女性が多い会議は時間がかかる」などの女性蔑視発言は、ジェンダー平等が立ち遅れる日本の現実を浮かび上がらせた。理解を社会全体で深めていくために、どんな視点が必要なのか。海外でのフィールドワーク(現地調査)を通じて、女性の仕事や活動を考察してきた2人の文化人類学者に聞いた。(藤生京…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら