広島3区与党候補、斉藤氏で正式合意 次期衆院選

有料会員記事

[PR]

 自民、公明両党は1日、次期衆院選の広島3区について、公明の斉藤鉄夫副代表(比例中国ブロック)を与党統一候補として擁立することで正式合意した。候補者調整をめぐり、地元の自公が対立したが、最終的に自民が公明に選挙区を譲る異例の決着。4月実施の参院広島選挙区の再選挙を控え、早期に公明の支援を取りつける狙…

この記事は有料会員記事です。残り610文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら