後手の辞職「不信招く」 内閣広報官 与野党から批判

有料会員記事

[PR]

 菅義偉首相の長男が勤める放送関連会社から7万円を超える接待を受けていた山田真貴子内閣広報官が辞職した1日、野党は菅首相の責任を追及した。与党内からも「対応が後手後手」などと不満がくすぶる。▼1面参照

 野党側は先週の問題発覚時から、山田氏の辞任を求めてきた。菅首相は辞任を否定していたが、週が明け…

この記事は有料会員記事です。残り691文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら