イラン柔道連盟への処分は無効

有料会員記事

[PR]

 スポーツ仲裁裁判所(CAS)は1日、イラン政府が2019年世界柔道選手権で同国の代表選手にイスラエル選手との対戦を棄権するよう指示した問題で、国際柔道連盟(IJF)がイラン柔道連盟に科した資格停止処分を無効にすると発表した。CASは「イラン連盟がIJFの規則に重大な違反を犯した」と認めたが、「無期…

この記事は有料会員記事です。残り101文字有料会員になると続きをお読みいただけます。