外出控え?3割が認知機能低下 筑波大教授、60歳以上調査

有料会員記事

[PR]

 コロナ禍で外出を控えると、お年寄りにどのような影響があるのか、筑波大の久野譜也教授(健康政策)らが調べた。昨年11月時点で、60歳以上の3割近くに認知機能の低下がみられた。5月と比べ、割合は約2倍に増えていたという。

 調査は北海道や埼玉県京都府などの5市町に住む60歳以上の約4700人に郵送で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら