(声)風化させないで、原発被災の記憶

有料会員記事

[PR]

 主婦 愛澤弘子(福島県 60)

 私たちが原発被災者にされてからまもなく10年。毎年3月になると何ともいえない不安な気持ちになる。

 今でも忘れられない言葉がある。私たち家族が放射能に追われるように福島から東京へ避難して数日たったある夜。娘の友達の母親から携帯に連絡が入った。「愛澤さん、今どこにい…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

連載

この連載の一覧を見る