フードデリバリー13社、業界団体設立 待遇・交通マナー、改善へ協調

有料会員記事

[PR]

 飲食店の料理の宅配事業などを手がける企業13社が3日、業界団体「日本フードデリバリーサービス協会」を発足させた。コロナ禍で宅配の利用が急速に広がるなか、配達員の労働環境や交通違反などの問題が浮上している。事業モデルの異なる加盟各社が、歩調を合わせて解決に取り組めるかが問われそうだ。

 新団体には…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。