(経済ファイル)リコー、環境考慮し電力調達へ

有料会員記事

[PR]

 リコーは、再生可能エネルギーによる電力を調達する際、価格以外の要素を独自に加味して判断すると発表した。環境負荷の「質」を重視する顧客ニーズに応える。電力会社の過度な価格競争や行き過ぎた開発を防ぐ狙いもある。

 価格と質をそれぞれ100点満点で測り、調達先を決める。「質」は8項目からなり、たとえば…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載経済ファイル

この連載の一覧を見る