電力逼迫、根底に大手頼み 燃料不足や価格高騰、課題露呈

有料会員記事

[PR]

 昨年末から今年初めに起きた電気の需給逼迫(ひっぱく)では、日本の電力供給の課題があらわになった。火力発電の燃料不足や電気を売買する卸市場の価格高騰などだ。根底には、発電の大半を大手電力に頼っているという構造問題があり、一層の改革を求める声も出ている。

 全国の需給調整役を担う「電力広域的運営推進…

この記事は有料会員記事です。残り1091文字有料会員になると続きをお読みいただけます。