犯罪収益、没収可能に オーナー商法禁止へ法改正案

有料会員記事

[PR]

 1980年代から総額1兆円ともされる消費者被害が繰り返されてきた「販売預託商法」(オーナー商法)を原則禁止する預託法改正案の詳細がわかった。罰則を「5年以下の懲役か500万円以下の罰金」とし、現行で最も重い「2年以下の懲役か100万円以下の罰金」より重くする。「無許可」の営業は組織犯罪処罰法の対象…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。