課徴金命令処分、高裁「適法」

有料会員記事

[PR]

 納入業者を店で働かせるなどしたとして、公正取引委員会から独占禁止法違反(優越的地位の乱用)で課徴金納付命令などの処分を受けたスーパー大手「ラルズ」(札幌市)が、処分を不服として訴えた訴訟の判決が3日、東京高裁(深見敏正裁判長)であった。判決は「要請に応じざるをえない関係の下、不利益行為を業者にさせ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。