がん以外も妊孕性温存に助成

有料会員記事

[PR]

 病気の治療前に卵子や精子、受精卵などを凍結保存する「妊孕(にんよう)性温存療法」に対する助成について、厚生労働省の検討会は3日、対象となる病気や治療法の範囲を決めた。4月以降、準備が整った都道府県から助成が始まる。

 日本癌治療学会のガイドラインで妊娠能力に影響があるとされる治療(「超低リスク」を…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。