(わたしのThinkGender)妻が難産、当事者目線を忘れない 奈良県三宅町長・森田浩司さん

有料会員記事

[PR]

 昨年1月に長男が生まれてから、必要に応じて数十分から2時間程度早く帰宅する「時短育休」を実践しています。

 訪問看護師の妻(31)の妊娠中、体調が日々変わるのを見て「出産後はもっとしんどいはず」と思った。仕事と育児の両立を町職員に相談すると、「町が子育て支援を掲げているんだから、トップがやらないと…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら