顧客情報、漏洩の疑い SB代理店元社長を逮捕

有料会員記事

[PR]

 携帯大手ソフトバンク(SB)の顧客情報を外部に持ち出したとして、警視庁は販売代理店の元社長、稲葉修作容疑者(35)=東京都世田谷区=を不正競争防止法違反(営業秘密の領得、使用)の疑いで逮捕したと、4日発表した。漏洩(ろうえい)情報は、「PayPayペイペイ)」や「ドコモ口座」などの電子決済サービ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら