(ひととき)なつかしき池

有料会員記事

[PR]

 2月4日の天声人語に昆陽(こや)池のことが書いてあり、なつかしさで胸がいっぱいになった。

 17年前まで池のある兵庫県伊丹市の隣、大阪府池田市に30年間住んでいた。市の耐寒ハイキングに当時高校生だった娘と参加した。雪の舞うなか、突然「ここは北国の海?」、そんな景色が目の前に現れた。

 どんよりした…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

連載ひととき

この連載の一覧を見る