(大竹しのぶ まあいいか:295)二人に教えてもらうこと

有料会員記事

[PR]

 またまた中村屋のお話。2月2日に幕を開けた歌舞伎座「十七世中村勘三郎三十三回忌追善狂言」で、孫である中村勘九郎さんと、その長男の勘太郎くんとの感動的な連獅子のことをこのコラムに書いたのは初日を観(み)たすぐ後のこと。

 それから約1カ月続いたその公演は連獅子のほかに勘太郎くんの弟、7歳の長三郎くん…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載大竹しのぶ まあいいか

この連載の一覧を見る