安保理緊急協議、各国一致か焦点 ミャンマー情勢

有料会員記事

[PR]

 ミャンマーの情勢について、国連安全保障理事会は5日午前(日本時間6日未明)、緊急協議を実施した。英国が要請した。15の理事国が一致して、国軍側に厳しい姿勢を示すかが焦点となる。

 協議では、バーグナー・ミャンマー担当特使が現状を報告する。バーグナー氏は3日、「安保理は非常に強い手法をとる必要がある…

この記事は有料会員記事です。残り69文字有料会員になると続きをお読みいただけます。