(子どもとスポーツ)勝利至上主義、もうやめた

有料会員記事

[PR]

 「勝利」の味は、時にスポーツ指導者を惑わせる。行き過ぎた指導で子どもが「犠牲」になることもある。原点に立ち返ることで、そんな間違いに気づいた指導者の歩みを紹介する。

 ■「全国にいける」とりつかれた 勝てる「ハウツー」詰め込み→走って跳んで、道場で楽しく

 「指導者の代理戦争。小学生の大会にはそ…

この記事は有料会員記事です。残り2542文字有料会員になると続きをお読みいただけます。