東北新幹線、30分程度短縮へ

[PR]

 2月の福島県沖地震で大きな被害を受けた東北新幹線について、スピードを落として運転する区間が13日から郡山―仙台間に縮小される。現在、東京―仙台間の所要時間は通常より約1時間程度長くかかっているが、30分程度短縮されることになる。