(社説余滴)温故知新でプラごみ削減 村山知博

有料会員記事

[PR]

 子供のころ、たまに買ってもらうジュースはガラス瓶だった。飲み終えた瓶をお店に持っていくと、小銭が戻ってきてうれしかったことを思い出す。

 ガラス瓶は洗って何度も使われるため、傷がついたものも珍しくなかった。だからといって、嫌がられていた印象はない。

 エコを意識する時代ではなかったけれど、ものを繰…

この記事は有料会員記事です。残り730文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載社説余滴

この連載の一覧を見る