(声)ThinkGender 誰のためのお茶?恩師の気づき

有料会員記事

[PR]

 無職 森下隆子(埼玉県 61)

 森喜朗氏の女性蔑視発言を聞いて、高校時代に国語の女性教師がしてくれた話を思い返した。先生が新任の頃、職員室に隣接する給湯室で、全員の先生方のお茶を入れていたところ、ある年配の男性教師が近づいてきて、「あなたはそのお茶をどういう気持ちで入れているの? 自分がお茶を飲…

この記事は有料会員記事です。残り339文字有料会員になると続きをお読みいただけます。