(声)ThinkGender セーラームーンの歌詞実現まだ

有料会員記事

[PR]

 高校教員 萩原愛子(神奈川県 58)

 「どんなピンチのときも絶対あきらめない」「コワイものなんかないよね」「大きな夢があるよね」「なりたいものになるよね」。これは1990年代に一世を風靡(ふうび)した「美少女戦士セーラームーン」シリーズのエンディング曲の一節だ。

 ちょうどこの頃、女の子を授かっ…

この記事は有料会員記事です。残り236文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!