(文化の扉)「新版画」、したたる魅力 浮世絵+洋画の技法/摺り重ね、独特の空気感

有料会員記事

[PR]

 温度や湿度まで感じるようなみずみずしい色合い、郷愁を誘う風景。大正から昭和にかけて作られた「新版画」。英国のダイアナ妃やアップル創業者スティーブ・ジョブズら海外の有名人も愛した、その魅力とは何か。

 新版画は1915(大正4)年、浮世絵商の渡辺庄三郎を版元として生み出された。絵師、彫師(ほりし)…

この記事は有料会員記事です。残り1705文字有料会員になると続きをお読みいただけます。