(語る 人生の贈りもの)佐佐木幸綱:5 人柄ゆえに、おのずと「志賀先生」

有料会員記事

[PR]

歌人・佐佐木幸綱

 ――早稲田大学での卒業論文は「初期万葉」、修士論文は「柿本人麻呂」をテーマに執筆。卒業後、河出書房新社に入りました。

 河出孝雄社長が声をかけてくれましてね。ところが急逝され、僕と同世代の朋久さんが社長に就きます。半年ほど社長室付として司馬遼太郎さんや井上靖さん、野間宏さん…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載語る 人生の贈りもの

この連載の一覧を見る