コロナ室の増員、首相示唆 残業問題、西村再生相は陳謝

有料記事

[PR]

 新型コロナウイルス感染症に関する政策立案などを担う内閣官房の対策推進室(コロナ室)で、過重な超過勤務(残業)が続いていた問題について、菅義偉首相は8日、「人数がどうしても必要ならば、充足して極端に集中することがないようにしたい」と述べ、増員も視野に対応する考えを示した。参院予算委員会で明らかにした…

この記事は有料記事です。残り485文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!