核ごみ、次段階で住民投票 文献調査の寿都町、条例案可決

有料会員記事

[PR]

 国の「核のごみ原発から出る高レベル放射性廃棄物)」の最終処分場選定に向けた文献調査が昨秋始まった北海道寿都(すっつ)町の町議会は8日、次の概要調査に進む前に、調査への賛否を問う住民投票を行うための条例案を可決した。文献調査は2年程度かかり、早ければ来年末にも住民投票が行われる。ただ、文献調査前の…

この記事は有料会員記事です。残り359文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら