6.75%、PTSD疑い 東日本大震災、被災地派遣の自衛隊員 派遣3カ月以上、リスク増

有料会員記事

[PR]

 東日本大震災で被災地支援に派遣された自衛隊員を調べたところ、派遣期間が3カ月以上だったり、派遣終了後の超過勤務が3カ月以上続いたりすると、PTSD心的外傷後ストレス障害)のリスクが6~7割高まるという研究成果を、防衛医大の長峯正典教授(産業精神保健)らのチームがまとめた。

 長峯さんは「日本は今…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。