(東日本大震災10年)戦争の心の傷、被災地に重ね 津波の孤児と交流、サヘル・ローズさん

有料会員記事

[PR]

 イラン・イラク戦争の混乱の中で4歳で孤児となり、8歳で養母とイランから来日した女優サヘル・ローズさん(35)は、東日本大震災の被災地に足を運んできた。「闇とともに生きて見えた真実や出会い」とは――。

 発災1カ月後に岩手県山田町で炊き出しをした時に、津波で両親を失った姉妹に出会いました。海の方を…

この記事は有料会員記事です。残り1530文字有料会員になると続きをお読みいただけます。